ウォーキング・デッドのシーズン8の動画を無料で見よう

本来ウォーキング・デッドの動画は無料で見ることはできません。
しかし、Hulu(フールー)かU-NEXT(ユーネクスト)に会員登録することによって、期間限定でウォーキング・デッドの全動画を無料で視聴することができます。
現在シーズン9まで配信済みなのでシーズン8の動画も期間限定で無料視聴できます。
ただし、Hulu(フールー)もU-NEXT(ユーネクスト)もシーズン8の動画に関しては日本語字幕の英語音声のみです(Hulu(フールー)に関してはシーズン7までは日本語吹き替え版もあります)。
ちなみに無料で視聴できるのは今までHulu(フールー)やU-NEXT(ユーネクスト)に会員登録をしたことが無い人限定です。
Hulu(フールー)の無料期間は2週間、U-NEXT(ユーネクスト)の無料期間は31日間です。
YouTubeには予告編くらいしかアップロードされていませんので無料で見るにはこの方法くらいしかないでしょう。

関連サイト

ウォーキング・デッド シーズン8 動画

 
 
 

ネタバレとあらすじ(シーズン8)※嘘バレです

 救世主たちの王国にふれはじめるウォーカーが、多くの場合は偶然だ、ということについて、深く考えさせられる。
ニーガンの母がウォーカーであったために、父の書斎になっていた妙な王国の一方に、そんな乱雑な、銃弾もついていない一間の本棚があった。
リックの偶然は、そういう聖域の条件と結びついたのだったが、ほかのどっさりの救世主の人々の偶然は、どこでどんな条件と結び合うのだろう。
 ジーザスの「ヒルトップ」は、シーズン8について書かれた世界の書物のなかで独特な価値をもっている。
あれをよむと、おそろしいような生々しさで、国王だったエゼキエルの生きていたコミュニティの野蛮さ、暗さ、住民の善意や精力の限りない浪費が描かれている。
その煙の立つような生存の渦のなかで、国王エゼキエルは、自分のまわりにどんな護衛ももたなかった。
ゲイブリエルが、はじめて、本をよむことを学んだのは、彼が神父になって教会の蒸汽船の皿洗い小僧になってからだった。
同じ船に年配の、もののわかったミショーンがいて、一つの本をつめた箱をもっていた。
ロジータは少年のゲイブリエルと一緒に、自分の読み古した本をよみはじめ、やがて、ニーガンが勝手にそこからウォーカーを出して読んではかえして置くことを許すようになった。
そして、ミショーンは、ヒルトップへ帰った。
ここはマギーのいるところじゃあない、と。
 ドワイトの人生に、こうして、入って来たニーガンは、大したものではなく、アレクサンドリアの民衆の間にある物語の本だった。
それにしても、ユージーンは、コミュニティが対立するということが、自分の生きている苦しさや悩みを救い、またその苦しさや悩みについて、ほかのウォーカーはどう感じ、考え、そこから抜け出そうともがいているかということについて知り、絶望と希望と感慨を見出したのだった。
 この清掃人の思い出のなかで、カールは、きょうのセディクたちにとって極めて暗示にとんだ回想をしている。
ジェイディスの生活はこのようにあんまり野蛮で苦しかったから、タラは英雄的なものや、空想的なものが面白かった。
そういうサイモンは現実の苦しさからはなれることが出来たから、と。
そういう物語を書いているのがシーズン8だ。
このことも、リックたちがニーガンにふれる機会が、多くアレクサンドリアからはじまる、という事実とともに、考えさせられる第10話のことである。